人間関係

嫁が大好きすぎる旦那さんの特徴・実態とは?

「嫁が大好きすぎる旦那さんなんているの?」

「嫁が大好きすぎる旦那さんってどんな人?」なんて気になったことありませんか?

わたしは、旦那について質問を受けることが多いです。

それは、わたしの旦那が「嫁が大好き」というのを全然隠さない人だからなんですよね。

らぴももたん
そんな、嫁が大好きと公言する旦那と一緒に生活をして20年を超えたわたしが、「嫁が大好きな旦那さんの特徴や本当のところはどうなのかという実態」について紹介していきます。

嫁が大好きすぎる旦那の特徴・実態とは?

どんな時でも浮かぶのは「嫁」

らぴももたん
嫁が大好きな旦那さんの特徴・実態としてすごいところはどんな時でも「嫁」が頭に浮かぶところです。

他の人だったら、家族や友人なんて場面でも嫁が大好きな旦那さんは違います。

そんな時でも、頭に浮かぶのは「嫁」なんですよね。

恋をした時のどんな時にも「好きな人のことを考えてしまう」ような恋愛中のような気持ちをずっと持ち続けている人なんですよね。

【嫁が大好きな旦那さんが嫁が浮かぶ時】

  1. 困った時
  2. 連絡したいことが浮かんだ時
  3. 一緒に過ごしたいなと思った時
  4. 誰かに愛情を表現したい時
  5. 誰かを喜ばしたい時
  6. 誰かに感謝の気持ちを伝えたい時

どんなときでも「嫁」が浮かんでしまう。

嫁のことをいつも考えているというのが、嫁が大好きな旦那さんの実態です。

自分の気持ちに素直すぎる人

らぴももたん
嫁が大好きな旦那さんの特徴と実態の2つ目は、自分の気持ちに素直な人です。

「大好き」「会いたい」という気持ちや感謝の気持ちを嫁に対してバーンとぶつけるのは、照れ屋の人には難しいものです。

自分の気持ちに素直

・嫁に愛を伝たい

嫁を「大好き」と伝えたい時には、伝える。

嫁を「好き」って思った時には、伝える。

・少しでも自分のためにして貰えると、嬉しすぎて感謝してしまう

・暇があれば、嫁に触れていたい

くの時間を一緒に過ごしたい

「可愛い」や「大好き」も思ったと時に伝えてくる旦那は気持ちがダダ漏れな人

自分の気持ちに正直に生きている人なので、目が会うたびに褒めてくれて姫扱いされるのも悪い気分にならないですよね。

また、旦那は、私が先に寝ちゃっても、頭を触ったり、髪を触ったり触れていたい人。

旦那は匂いフェチなので、髪を匂っていたいとか…匂いをかぐと安心するらしいです、笑。

息子たちが周りにいても、触れていたいんですよね。

会社が終われば家にすぐに、直帰するし、飲み会の一次会が終わればすぐに帰宅するのもそれは奥さんの顔を早く見たくて一緒に過ごしたいから。

旦那は、私と長く一緒に過ごしたいがために泊まりの出張も最終便に間に合うのなら、無理をしてでも日帰りにしてしまうところがあります。

自分の気持ちに素直なままに過ごしている姿というのが、嫁が大好きがにじみ出てしまうところなのかも

 

「嫁が大好き」と公言することは恥ずかしいことなのか?についてはこの記事で詳しく紹介しています。

溺愛夫と結婚。「嫁が大好き」と公言するのは恥ずかしいこと?

私には結婚してかれこれ17年の旦那がいます。 長いあいだ一緒にいますが空気のような関係にはならず、存在感抜群に私の人生に ...

続きを見る

自分に自信がある

らぴももたん
嫁が大好きということを隠さずに、周りにどう見られても平気なのは、自分に自信があるからです。

嫁が大好きという人で街があふれかえっていたとすれば、「大好き」を公言することは恥ずかしいことでもなんでもないですよね。

ですが、やはりそんな人は少ないというのが事実です。

そんな状況で、「嫁が大好き」と言えちゃうのは、やはり自分に自信があるから

  • 「大好き」と嫁に言っているのを聞かれて、子供たちに「また言ってる」なんて笑われたって「お前たちもこんなお嫁さんを見つけろよ」なんて返しちゃう余裕がある

恥ずかしくなったりせずに言えるのは、自分に自信があるからです。

周りからのちょっとした反応なんて気にも止めない心の強さは真似したいところが多いんですよね。

嫁が大好きな旦那さんというのは、誰になんと言われても平気なタフな精神の持ち主であり、自分に自信を持っている人です。

嫁の笑顔が好き

らぴももたん
嫁が大好きな旦那さんの特徴として、嫁が笑っている姿が好きというのがあります。

嫁が喜ぶ嬉しいポイントを知り尽くしているんですよね。

私の旦那は、誕生日やイベントをすごく楽しみにしている人です。

自分がもちろん楽しみたいのもあるけれど、喜ばせたいという思いも強いんですよね。

そのため、早く喜ばせたすぎて旦那の場合には、用意の段階でもうサプライズのプレゼントではなくバレバレなところが面白いところです。

嫁が喜んでいるということへのアンテナが異常に高いところがあるのが、嫁が大好きな旦那さんの特徴です。

嫁を頼りにしている

らぴももたん
嫁が大好きな旦那さんが困った時にも嫁を思い浮かべるのは、嫁を頼りに思っているからです。

大人になっても誰かに甘えたい気持ちというのは持って生きていますよね。

もちろん、嫁が大好きな旦那さんなので嫁を守りたいという気持ちの強さも人一倍ですが、

甘えられる存在がいるというのも大事なことなんですよね。

嫁が大好きな旦那さんは、そんな甘えたい相手が「嫁」なんです。

私の旦那は臆病者のところがあるので、困りごともそれなりにあります。

夜中に「ゴッキー」が出たりすると、自分ではどうしていいかわからず寝ているわたしを躊躇なく起こす人です。

困ったり、悩んだり、嫌なことがあると、誰を思い浮かべるのかって人によって違います

そんな時に「嫁」が真っ先に浮かぶというのは、頼りにしているからなんですよね。

嫁となんでも共有したい人

らぴももたん
嫁が大好きな旦那さんは、何か嬉しいことがあればその時にその気持ちを共有したいし、嫁が今何をしているのかも気になってしまうんですよね
嫁と気持ちを一緒に共有したいから連絡しちゃうんだ
にゃんももたん

  • 旦那からのメールが頻回すぎなのを、まわりのママにびっくりされたことがある

ちょっとした報告したいことがあると、ついメールで連絡してしまったり、何をしているのか気になる。

嫁となんでも共有したい気持ちの強さがいっぱいな人が、嫁が大好きな旦那さんの特徴です。

嫁が大好きな旦那さんはまわりから見てもわかる

らぴももたん
嫁が大好きな旦那さんの特徴はまわりから見ていてもわかるかというと、わかる場合が多いです。

いつでも嫁のことが頭に浮かぶのだから、嫁以外見えていないのではないかなと思ってしまうようなそんな旦那さんなんですよね。

わたしの旦那も子供たちから「ママが大好きなのが手に取るようにわかる」なんて言われてニコニコしています。

奥さんのことを聞かれたら、悪口よりも良いところが浮かぶ。

奥さんのことを褒められると自分のことのように嬉しいし、ついのろけてしまう…。

そんな旦那さんだから、嫁のことを大好きなのがまわりから見ていてもわかってしまうんです。

とにかく嫁を一途に嫁を愛している人です。

そして、その愛が周りから見ていても、バッチリわかってしまうところのある人です。

嫁が大好きな人というのは、自分の気持ちにきっと素直なタイプの人が多いんでしょうね。

だから、自分の気持ちを隠したりしないのかもしれません。

 

結婚後も恋人同士のような仲良し夫婦の秘訣について知りたい人は以下の記事で詳しく紹介しています。

結婚して17年。結婚後も恋人同士のような仲良し夫婦の秘訣

旦那と結婚して17年が経ちました。 長い結婚生活ですが、紆余曲折というものは全くなく恋人同士の時と変わらず今も仲良しです ...

続きを見る

嫁が大好きな旦那さんの実態にその嫁はどう思う

嫁大好き旦那さんの行動全てを良いと思っているわけではない

らぴももたん
自分のことを愛してくれるからといって、全ての人が旦那の行動をよく思うわけではありません。やっぱり、ちょっと不満に思ったり、迷惑と思ったりする場合だってあります

では、具体的に旦那の行動をよく思わない場合と、よく思っている場合とでは奥さんはどんな風に旦那のことを思っっているのかみて行きましょう。

旦那の行動をよく思わない場合

迷惑、束縛

らぴももたん
旦那の行動を迷惑や束縛とおもってしまうのはどうしてかというと、「やりすぎ」な部分が多いからです。

旦那の行動はやりすぎなんて思ってしまうのは、奥さんの気持ちが無視された部分が多いからかもしれませんね

どんなに嫁が大好きでも、大好きな嫁を困らせてしまうのは嫌ですよね。

溺愛されることに不満があったりすれば、やはり夫婦関係のバランスは崩れてしまい息苦しさを感じてしまいます。

対策
  • 「どこがやりすぎなのか」どの部分と具体的にある場合もあるので、それは改善しましょう。

自分が良ければそれでいいというのは良くないので、相手のことも考えた行動は必要になってきます。

お互いが居心地の良い関係を維持することって大事ですよね。

結婚して奥さんを不幸にしてしまう男性とはどんな人?

結婚にむいていなかった父親の元で育ったわたし。 父が離婚もせずに生涯を終えることができたのは、わたしの母の忍耐があったの ...

続きを見る

旦那の行動をよく思っている場合

 幸せ、困った行動であえも可愛いと思える

らぴももたん
幸せや、困った行動であっても可愛く感じるのは、単純にその旦那さんを「人として好き」だからじゃないかと思います。

私だって、束縛されるのは実は嫌な人なんです。

それなのに、そうは感じないのは、やっぱり旦那のキャラクターが好きだからです。

旦那に溺愛されていることを私の周りの人は羨ましいと言います。

でも、自分がその旦那の相手をするのは、束縛と感じてしまったり、一人の時間が欲しいな〜なんて思うようです。

ですが私は、旦那の行動は不思議と束縛と感じないし、愛されてるな〜なんて幸せな部分だけ感じたりします。

実際困った行動もありますが、でも、そんなところも「可愛い!」って思ってしまうところがあるから、実は私も不思議に思います。

 

妻に大好きと言われる旦那さんについて詳しく知りたい人はこの記事で書いているので、参照してください。

うちの旦那が素敵です。旦那が大好きなのには訳がある!

うちの旦那、どこにでもいそうな中年のオヤジです。 ですが、とっても素敵な人。 私は、「この人と結婚できて良かった〜」なん ...

続きを見る

嫁が大好きな旦那さんの困った実態

嫁が大好きな旦那さんって、「でも、困ったこともあるでしょ?」という方のために、困った行動はどんなところなのか紹介します。

私にとっては、この困ったところも笑える部分です。

つまり、笑える部分の困ったレベルで終わっているというのも大事なミソになってくるんでしょうね。

嫁の姿が見えないと探す

らぴももたん
嫁が大好きな旦那さんの困った実態は、嫁が何処にいるのか把握しておきたいので、屋の中でのちょっとしたすれ違いが起こると気になってしまうということがあります

トイレから出てきた時に私の姿が部屋に見えないとどこにいるか知りたいし、見つかるまで探しまわります。

見つけたからって何か用事があるわけではない場合もほとんどなんですけどね。

とにかく姿が見えないと、どこにいるのかはっきりさせておきたい。

そんな旦那なので、時々こっそり隠れて探しまわっている旦那を驚かすことに喜びを見出すわたし。

子供たちがかくれんぼを楽しむ気持ちがちょっぴりわかります。

嫁の後をついてまわる

らぴももたん
嫁が大好きな旦那さんの困った実態は、嫁の後をついてまわることです。

私が料理をしていると、手伝うわけでもなくても近くにいる。

私が座っていると、横に座る。

嫁の移動に合わせて自分も場所を移動する

本人はついてまわっているつもりはないけれど、座るところや過ごす部屋は私がいるところがいいんでしょうね。

こういう子供みたいな面も可愛いと思ってしまうので不思議です。

嫁の体調が悪いと旦那の気分もダウン

らぴももたん
嫁が大好きな旦那さんの困った実態は、嫁の体調が悪いと、自分も同じように体調不良になることです。

これは、旦那だけかもしれません、笑。

私が風邪で熱を出し寝込んだりすると、同じように熱が出たような気分になってしまう旦那、笑。

私が元気がないと、気分もダウンしてしまうという困った一面もあります。

嫁が大好きな作者さんが書かれた本

嫁が大好きという作者さんの本で、心がほっこりします。

もう読んだよ!と言われる方もおられるのではないでしょうか?

奥さんが大好きと堂々と言えちゃう。

それって素敵なことだな〜と心が癒されます。

まとめ:嫁が大好きすぎる旦那の特徴・実態とは!

らぴももたん
本記事では、「嫁が大好きなすぎる旦那の特徴と実態」について旦那の実例を踏まえながら紹介していきました

嫁が大好きという旦那さんを喜ぶ人もいれば、ちょっとしんどいという人もいるので、嫁が大好きな旦那さんを全ての人が良いと思うわけではありません。

わたしは、そんな旦那も可愛いと思えるので、たまたま相性がよかったんですよね。

そして根底には、やっぱり愛があるから成り立つ関係です。

嫁が大好きというその気持ちを出し過ぎると奥さんはつらい、しんどいという場合は、それはやりすぎです。

もうちょっと控えめに…。せっかく大好きな奥さんに嫌われたらもともこもないですよね。

そして、「大好き〜」ということを出しても全く動じない奥さんを持っている旦那さんは良かったですね。これからも仲良くしてくださいね。

おすすめ記事一覧

1

子供がほしい。出産後は育児と仕事を両立したいけど、今の職場では難しそう、、、。キャリアが途絶えるのは避けたい。育児と仕事 ...

2

らぴももたんこの記事では「子育てについて悩みや疑問について詳しく知りたい」という要望にお答えします。 この記事を書いてい ...

3

「どの絵本作家さんの絵本がいいのかわからない」 「どの絵本のシリーズがいいのかな」 という悩みをお持ちの方はおられるので ...

4

らぴももたんこの記事では「ポトスの育て方を詳しく知りたいな」という要望にお答えします この記事を書いている私は、2年半く ...

-人間関係
-,