人間関係

思春期の「うざい」という否定的な言葉だけに過敏に反応しない!

思春期真っ只中の息子を育てています。

思春期の親への「イライラ」っとした感情のむかいやすさというのは肌身に感じる毎日です。

思春期の刺々しい言葉に傷つくことはないですか?

「うざい」や「うっとうしい」など否定的な言葉って傷つきますよね。

らぴももたん
この記事では「思春期の『うざい』という否定的な言葉だけに過敏に反応しない」ということについて紹介します。

思春期の「うざい」という否定的な言葉だけに過敏に反応しない!

言葉をそのままに捉えないことが大事

らぴももたん
思春期の子供の「うざい」という否定的な言葉だけに過敏に反応しないということは大事なことです。

それはどうしてかというと、思春期の気持ちは表面に出てこない傾向にあるからです。

言われる方は、めちゃくちゃ腹がたつし、イライラで返してしまいそうになりますよね。

ですが、思春期の心の中は複雑です。

思春期の心の例

  • ちょっとしたことで過敏に悩む
  • 思い込んでしまう
  • 背伸びしたくなる
  • 自分の感情を素直に話すことが照れくさい
  • 真面目に過ごすのがアホらしい
  • 今までの自分とは違う自分になりたい

本心は色々あるのだけど、その本心を素直に表に出すということはしない年齢なんですよね。

だから、色々事細かに説明するのも「うざい」。

友達関係のことを根掘り葉掘り聞かれるのも「うざい」。

ですが、そのうざいの中にも、「照れ隠し」なんかも混ざっていたりすることもあるんですよね。

そんな複雑な心を全部言葉で素直に表してくれれば、親は理解しやすいですが、そんな複雑なことを言葉に表すことなんてしないんです。

そのため、「うざい」という言葉の裏には言葉に表せない複雑な思春期の子供の気持ちがこもっています

だから、うざいという言葉だけに過敏に反応しすぎないことが大事です。

「うざい」と思春期の子供から否定的なことを言われた時の対応

だからと言って、「うざい」と言われると傷つきますよね。

そんな時にはどうすればいいのか以下に紹介します。

1.挨拶の1つだと思う

らぴももたん
思春期の子供から「うざい」なんて否定的な言葉を言われた時には、挨拶の1つだと思うようにしましょう

挨拶の1つだと思えば、嫌な気持ちになるのも防ぐことができるからです。

具体例

例えば、息子が「うざい」と言ってきた場合。

そんな時には、息子が「ありがとう」と言っていることに自分の中で置き換えるようにします。

「ありがとう」と思春期の息子が言っていくるという状況は可愛いですよね。

実際は「うざい」という否定的な意味の言葉ですが、「ありがとう」と言っていると思うとなんだか可愛く思えてくるから不思議です。

思春期のイライラしやすい時期には「ありがとう」という感謝の言葉を口にすることも減ってしまう子供も多いのです。

だからこそ感謝されていると思い込んでしまうと自分の心を無駄にイライラさせなくていいですし、むしろ可愛く思えて「ふふふ」と笑いが込み上げてくる余裕さえ出てきます。

2.親の方が余裕のある対応をすることが大事

らぴももたん
思春期の刺々しい言葉にも、親が余裕を持って対応できると子供にも余裕が生まれやすくなります

その、余裕が思春期の子供の対応には大事なんですよね。

親も子供もキリキリしていては心は休まりません。

そんな時に、大人の余裕を見せてみましょう

その余裕に子供は影響を受けるので、自然と笑顔が出てきたりします。

具体例

「うざい」とイライラをぶつけていた息子。

そのイライラに引っ張られることなく過ごす私に、息子も自然とイライラした気持ちが減ります。

そして、イライラしていたことも忘れて、普通に会話をしてくるようになる。

イライラした感情に振り回されないと、気持ちの切り替えがしやすくなります。

そんな切り替えのきっかけに親がなれるのもいいんですよね。

親がユーモアのある発想で考えることで、イライラした気持ちもふっと楽になることだってあります

全てがそういかなくても、たまにでもふふふと笑ってしまうような対応をできる余裕が生まれてくるといいですよね。

まとめ:思春期の「うざい」という否定的な言葉だけに過敏に反応しない!

らぴももたん
この記事では「思春期の『うざい』という否定的な言葉だけに過敏に反応しない」ということについて紹介しました。

思春期になると、言葉は否定的であり、傷つけられるようなことを言われることだってあります。

ですが、その言葉通りの気持ちが子供にない場合もあり、そのまま理解しない方がいい場合だってあるんですよね。

ホルモンのバランスが悪く自分でもどうしようもないイライラがあったりするので、親もそのイライラと上手に向き合って気持ちが切り替えれるのを助けてあげれるといいですよね。

とは言っても、人間なので思春期の子供に引っ張られてどっと気持ちが疲れてしまう時だってあります。

そんな時には、また自分に言い聞かせて、「挨拶の1つ」として置き換えるようにしています。

全部が無理でも、たまにでもそんな風にイライラした気持ちを真っ正面から受けないような受け入れ方ができると気持ちが楽になりますよ。

楽しく思春期の時期も乗り越えると、思春期でもよく自分のことを話ししてくれていいなと私は実感しています。

【2020年度】子育てに関する悩み【まとめ決定版】

らぴももたんこの記事では「子育てについて悩みや疑問について詳しく知りたい」という要望にお答えします。 この記事を書いてい ...

続きを見る

おすすめ記事一覧

1

子供がほしい。出産後は育児と仕事を両立したいけど、今の職場では難しそう、、、。キャリアが途絶えるのは避けたい。育児と仕事 ...

2

らぴももたんこの記事では「子育てについて悩みや疑問について詳しく知りたい」という要望にお答えします。 この記事を書いてい ...

3

「どの絵本作家さんの絵本がいいのかわからない」 「どの絵本のシリーズがいいのかな」 という悩みをお持ちの方はおられるので ...

4

らぴももたんこの記事では「ポトスの育て方を詳しく知りたいな」という要望にお答えします この記事を書いている私は、2年半く ...

-人間関係
-,