人間関係

夫婦の危機がない夫婦は、お互いのことを尊敬している

夫婦になり17年という長い年月を一緒に過ごしていますが、今だに夫婦の危機というものを体験したことがありません

もちろん、どの夫婦にもある小さな不満はわたし達夫婦の間にも存在し、旦那に対して「ここをもっとやって欲しい」なんて不満はあるし、旦那もわたしに対して思うことがあります

ですが、わたしは旦那のことを尊敬しているし、旦那はわたしのことを尊敬していると言ってくれます。

この「お互いを尊敬し合う関係」というのは、夫婦の関係を悪化させないキーワードになると実感しています。

らぴももたん
この記事では「夫婦の危機がない夫婦は、お互いのことを尊敬している」ということについて紹介します。

夫婦の危機がない夫婦は、お互いのことを尊敬している

尊敬できる関係に夫婦関係があるのかというのは大事

らぴももたん
夫婦の危機がない夫婦は、お互いのことを尊敬している

お互いを尊敬できるというのが大事なのは、お互いの「すごい部分を知っていて、そのすごさについて認めている」ということなんですよね。

「あなたはすごいところがある!」って認めている人が、自分の夫婦というのを考えてみた時どうですか?

尊敬している人と夫婦になれるというのは幸せなことなんですよね。

そして、さらにいうと、「あなたのこんなところがすごくて認めてるよ」という人が身近にいるという心強さは、最強なんです。

どちらかだけが尊敬しているだけでもダメだし、お互いが思い合えるからこそ素敵に夫婦関係が機能するところがあります。

お互いのすごい部分を知り、そのすごさをお互いが認めている関係だからこそ、夫婦の危機的状況というのが起こりにくいのです。

うちの旦那が素敵です。旦那が大好きなのには訳がある!

うちの旦那、どこにでもいそうな中年のオヤジです。 ですが、とっても素敵な人。 私は、「この人と結婚できて良かった〜」なん ...

続きを見る

夫婦生活の最初だけ尊敬できる関係にあっても場合もダメ

らぴももたん
夫婦生活の最初だけは、お互いを尊敬できる関係にありましたという場合はどうかというと、今現在がそのような関係にないところに問題が見え隠れしている可能性があります

尊敬できる関係というのが過去形になってしまっているのは、その過去形になってしまっている原因に夫婦関係を良くする鍵が隠されています

具体例

  • 結婚をする時には、彼の仕事への熱心な取り組み方に尊敬の気持ちを持っていたけれど、家庭ができて子供のことに無関心で仕事ばかりの彼に尊敬の気持ちがなくなってしまった。

家庭生活の時間の経過とともに、家族としての立場の変化も求められて、子供がいる家庭では子供がいる家庭として「母親」や「父親」としての役割を求められるようになります。

その変化に柔軟に対応できずにいると、いつしか尊敬されていた部分が、問題の部分としてみられるようになってしまうということだってあるんですよね。

  • あんなに素敵と思っていたのに、その部分がなんだか家庭人としては邪魔になってしまう

お互いが尊敬しあえる関係というのは、過去形になってしまっているのでなく、今現在にも続いているというのが夫婦関係の危機がおこりにくいためには大事です。

旦那にイライラしてしまう理由と対処方法

旦那と結婚して17年になります。 17年の間にわたしが旦那に対してイライラすることはもちろんあります。 ごめんねにゃんも ...

続きを見る

尊敬している人に対しては横柄な態度をとらない

らぴももたん
お互いを尊敬していると夫婦の危機がないのはどうしてかというと、尊敬している人に横柄な態度をとらないからです。

心から尊敬している人には、丁寧な対応を心がけるからです。

横柄な態度の具体例

  • いつも命令口調
  • 行動を制限してくる
  • 自分の意見ばかり押し付けてくる
  • バカにし、見下す

夫婦関係に尊敬する気持ちがあるといいのは、嫌な思いをすることをやられることがなく、嫌な思いを押し付けることがないことです。

相手のことを少しも考えない横柄な態度というのは相手をするのも嫌な気持ちになるし、自分の人権を無視されている気持ちにもなります。

根底に尊敬をする気持ちがあると、たとえバカにしたようなことを言ったとしても、そこには尊敬する気持ちがあるので、相手を傷つけるような言い方で終わるのではなく、しっかりフォローも入り気分の悪い状態で終わることはありません。

横柄な態度をとられないので、夫婦の危機が起こりにくいと言えます

夫婦円満とは言えない!どちらかが我慢して成り立つ関係

「夫婦が円満に過ごすには忍耐が必要!」なんて母から言われた経験があります。 ですが、本当にそうでしょうか? どちらかが我 ...

続きを見る

相手を「すごいな」と尊敬する気持ちを持つには尊敬できる人でないと無理

らぴももたん
夫婦がお互いを尊敬するということが大事なのはわかっていても、誰でもどんな人でも尊敬できるかというとそうではないんですよね。

人として尊敬できないなという人もやっぱりいるからです。

尊敬できない人の例

  • 借金ばかりしてお金ばかりを催促する人
  • 浮気常習者で、家庭のことに関心がない
  • 親のことには一生懸命なのに、自分の家族については関心がない
  • 外面だけいい人
  • 嘘ばかりついて見栄をはる人
  • アルコール依存、ギャンブル依存、ゲーム依存などの問題を抱えている
  • DVなど家族が被害になるようなことをするような人

尊敬できる関係を築きたいとこちらがどんなに望んでいても、上記のような問題を抱えていると「尊敬する」という気持ちもどこかへ飛んで行ってしまいますよね。

誰でも尊敬できるかというとそうでなく、人として尊敬できない人も存在します。

人として尊敬できないような行いを夫婦のどちらかがとっていないというのは、お互いが尊敬し合わせるような関係を築く上では大事です。

子供に嫌われない父親ってどんな人?

わたしには、それはそれは個性的な父親がいました。 一回見たら忘れることがないほどインパクトの強い父に、わたしは子どもの頃 ...

続きを見る

恋人(彼氏、彼女)がいるのに他に好きな人がいる理由と対処方法

恋人がいるのに、好きな人が出来てしまうとどうすればいいのか困ってしまいますよね。 でも、恋人がいても他に好きな人がいる人 ...

続きを見る

夫婦の危機を感じる!自分が尊敬されるような人にはなれていない人の対策

人としてどうなの?という行いをやめる

らぴももたん
自分が尊敬されるような人にはなれていない人の対策は、人としてどうなの?という行いをやめることです。

人として尊敬されるには、疑問に思われるような行いをしないことが大事だからです。

具体例

  • 借金ばかりしている人は、金銭感覚のズレを直す
  • 浮気ばかりの人は、浮気をやめて家族を大事にする
  • 親のことばかりに一生懸命な人は、まずは自分の家族を優先する
  • 外面だけいい人は、家族を大事にして、無理なほどの外面の良い部分はやめる
  • 嘘ばかり見栄をはるのをやめて、自分として自信を持って生きる
  • アルコール依存などの依存症を持っている人は、しっかり治療をする
  • DVをしてしまう人は、しっかり治療をする

まずは、その「人としてどうなの?」と思われてしまう行いをただすところからはじめて、夫婦の関係を作りなおす努力をしましょう。

変わったからといって許してくれる保証というのはありませんが、今のままでは亀裂は広がるばかりです。

全ての人が簡単にできることではありませんが、 夫婦の危機を乗り越えたい思いがあるのであれば、まず自分が変わったというところを見せないといけません

求められる役割は変わっていくので柔軟に変化する

らぴももたん
自分が尊敬されている人に慣れていない人の対策は、求められる役割は変わっていくので柔軟に変化させることです。

結婚当初の子供のいない家庭と、子供がいる家庭では、求められることも変わるからです。

具体例

  • 子供がいない頃は、がむしゃらに働くことをお互いに求めていたけれど、子供ができてからは、子供に養育という部分でお互いが協力するということが必要になる

がむしゃらに働くことが良い時に、がむしゃらに働く姿というのは、素敵に見えていても、子供の養育が必要な時期にはお互いがうまくセーブしていかにフォローしあえるかというのも重要になってきます。

その時に、自分の役割をうまくシフトチェンジできるようにお互いが努力し、どちらかに負担が偏るような形にならないように歩み寄ることが大切です。

今、出来ていないと感じている人は、今家庭で求められていることの1つ1つをあなたが責任を持って担うようにしてみましょう。

求められる役割というのは、子供の成長などの家庭環境によって変化します。

うまく自分がその変化に身を任せないといけません

夫婦の危機を感じる!尊敬する部分があるのに忘れていた人の対策

夫婦長くいると尊敬している部分を忘れることもあるので、思い出す

らぴももたん
夫婦の危機を感じている。尊敬する部分があるのを忘れていた人は、その尊敬する部分を思い出すということが大事です。

長く一緒にいると尊敬する部分が薄れて嫌な部分ばかりが際立って見えてしまうこともあるからです。

具体例

  • だれにでも優しく接している人がらに惹かれて好きになり、その部分を尊敬していたけれど、優しすぎる性格ゆえに損することが多いので尊敬する気持ちよりも、嫌な部分のように感じてしまっていた。
  • 同じ職場の同僚として働いていた時に、部下の面倒見の良さなど尊敬していたけれど、自分が家庭に入ることになり、部下の面倒をみて帰りが遅くなることに不満に思う。

尊敬していた部分というのは、結婚相手の良い部分なんですよね。

ですが、長く一緒にいるとそんな良い部分でさえ嫌な部分として見えてしまっていることに気づきます。

上記で紹介した尊敬できない人としての具体例に当てはまるほどの問題を抱えていない人なら、その良い部分についてもう一度見え方を変えてみるのはどうでしょうか?

嫌なところをいっぱいあげるのもいいですが、良い部分まで嫌な部分として見てしまっている自分にも気づくというのは大事です。

嫁が大好きすぎる旦那さんの特徴・実態とは?

「嫁が大好きすぎる旦那さんなんているの?」 「嫁が大好きすぎる旦那さんってどんな人?」なんて気になったことありませんか? ...

続きを見る

尊敬を持って接するように努力してみる

らぴももたん
夫婦の危機を感じている。尊敬する部分があるのを忘れていた人は、尊敬を持って接するように努力してみることです。

尊敬できる部分を思い出し、かつての気持ちを大事にもう一度関係を修復する努力をしてみ

具体例

夫婦関係というのは、わたしは鏡のようになっているように感じている。

  • どちらかがひどく暴言を吐くように関われば、相手も、ひどい口調で返してしまう。
  • どちらかが悪いところばかりを批判するような関わりをすれば、相手も悪いところを探して批判する
  • どちらかが心に浮気心を抱えたら、相手も満たされない気持ちを別の人に求めてしまう

上記のように、自分の行いにより相手の気持ちも同じように悪い方向に動いてしまいます。

尊敬の心を持って、お互いを尊重しあえるように関わる努力をしてみると、鏡効果で相手の関わりが良く変わる可能性だってあります。

相手のその行動を引き出している原因が、自分の行動にあった場合は、自分の行動を見直してみるのも効果的です。

ただ、尊敬できない人に当てはなるような相手なら、相手の方の行動の変化が重要なので、自分を責めないようにしてください。

結婚して17年。結婚後も恋人同士のような仲良し夫婦の秘訣

旦那と結婚して17年が経ちました。 長い結婚生活ですが、紆余曲折というものは全くなく恋人同士の時と変わらず今も仲良しです ...

続きを見る

まとめ:夫婦の危機がない夫婦は、お互いのことを尊敬している

らぴももたん
この記事では「夫婦の危機がない夫婦は、お互いのことを尊敬している」ということについて紹介しました。

わたしと旦那の夫婦生活は平和な日々が続いていて、毎日幸せです。

尊敬している人と一緒に過ごせるというのは、日々の幸せにつながります。

また、旦那に似ている息子たち、まだ子供ですが、それでも尊敬する部分を立派に持っていてたくましいです。

いろんな夫婦の関係があり、それぞれの夫婦の間の関係というのは日々の積み重ねでできています。

どうせなら、根底に尊敬の気持ちが持てるような夫婦の関係を維持したいですよね。

そのためには、お互いに今の関係に甘ったれすぎず、人としてお互いを大事にするように、大事にしてもらえるように日々を過ごせるようにしましょう。

おすすめ記事一覧

1

子供がほしい。出産後は育児と仕事を両立したいけど、今の職場では難しそう、、、。キャリアが途絶えるのは避けたい。育児と仕事 ...

2

らぴももたんこの記事では「子育てについて悩みや疑問について詳しく知りたい」という要望にお答えします。 この記事を書いてい ...

3

「どの絵本作家さんの絵本がいいのかわからない」 「どの絵本のシリーズがいいのかな」 という悩みをお持ちの方はおられるので ...

4

らぴももたんこの記事では「ポトスの育て方を詳しく知りたいな」という要望にお答えします この記事を書いている私は、2年半く ...

-人間関係
-,